スポンサーリンク
スポンサーリンク

子育てを理由に雇用保険の受給期間延長申請をしました

子育てを理由に雇用保険の受給期間の延長申請をしました
この記事は約3分で読めます。

先日、ハローワークで雇用保険の受給期間の延長申請をしました。

「子育て」「介護」「病気/けが」「配偶者の海外勤務」など一定の事情がある場合、雇用保険給付の資格保有期間を延長できるのだそうです。また、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受ける求職者に対応出来るよう、制度に一部変更もあったようです。

制度を知るって大切ですね。「自分は受給対象にならない」と思い込まずに確認したことで、雇用保険給付を受けられる可能性を残すことが出来ました

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

雇用保険について

まず、雇用保険制度についてざっくりと記します。

子育てを理由に雇用保険の受給期間の延長申請をしました
雇用保険給付の条件は?

雇用保険は、以前雇用保険を掛けて働いていた人(条件:離職前の2年間で雇用保険の被保険者期間が12か月以上あること)が離職/再就職をするにあたり、求職活動を安心して行うために、求職活動中に支払われる給付です。つまり、今すぐに再就職して働きたい/働ける状態にあることが前提となります。

雇用保険給付の資格保有期間は?

また、雇用保険の受給期間(雇用保険を受けられる資格がある期間)は、離職した日の翌日から1年間です。

給付額はいくら?

給付額は、前職の賃金(総支給額)のおよそ50~80%で、日額で算出されます。総支給額が20万円(/月)の方の1日の給付額はおよそ4500円前後です。再就職先が決まった時点で、給付はストップします。

実際に雇用保険を受け取れる期間は?

そして所定給付日数(実際に雇用保険給付を受けられる期間)は、「離職理由」「離職の日における年齢」「雇用保険の加入期間」によって変動します。私の場合で最大90日間です。資格保有期間1年間の中で給付を受けられます。

つまり、いずれかで給付はストップします。

  • 再就職先が決まる
  • 資格保有期間の1年が経過する
  • 所定給付日数(90日)が経過する

 

離職の事情

以下の理由から、我が家は私が離職し現在自宅保育をしています。

  • 子供に持病がある
  • まだ根治出来ていない
  • 保育園は集団生活であり感染症流行のリスクが高い
  • 我が子は感染症で重症化する可能性が高い
子育てを理由に雇用保険の受給期間の延長申請をしました

こんな理由から今は子供を保育園に預けられませんので、「今すぐ働ける状態」にありません。そして、子供の根治手術はまだ先です。保育園に預けられるようになるのは、雇用保険給付の資格保有期間である「離職の翌日から1年」より先になる見通しです。

さらに私の本心を言えば、雇用されるのでなく自営を目標としています。正直なところ「再就職して働きたい」前提からも外れています

 

延長申請

子育てを理由に雇用保険の受給期間の延長申請をしました

前述の理由から、私が雇用保険を受け取るのは難しいだろうと決め込んでいたのですが、ずっと気にかかっていましたので、念のためハローワークに問合せをしてみました。

教えて頂いたのは「延長申請」という方法でした。

  • 子育てを理由に、資格保有期間を延長できる(子供が3歳の誕生日を迎える前々日まで延長可能)
  • 介護を理由に、資格保有期間を延長できる(離職の翌日から3年まで延長可能)

子供の健康の不安が解消され、保育園に預けて改めて就職活動を行う時に雇用保険給付を受けられるよう、資格保有期間の延長手続きをしておいたら良い、との提案でした。

自営の目標はありますが、子供が3歳になるまでの今後2年間で状況や考えが変わらないとも限りませんので、可能性は広げておこうと考え、先日延長申請を行いました。

 

まとめ

子育てを理由に雇用保険の受給期間の延長申請をしました

この先雇用保険の給付を受け就職活動をするかどうかはわかりませんが、確認して良かったと思いました。

延長申請が可能な事由は「子育て」「介護」以外に、「病気/けが」「配偶者の海外勤務」などがあります。また、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受ける求職者に対応出来るよう、制度に一部変更もあったようです。

もし私と同じように「給付を受けられないだろう」と考えている方は、ぜひ一度確認してみて下さい。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました♬

コメント

タイトルとURLをコピーしました