スポンサーリンク
スポンサーリンク

白髪へどう移行する?おうちヘアカットで清潔感を保とう

この記事は約3分で読めます。

パパが白髪染めをやめました。

現在、黒髪から白髪へ移行期間中です。

移行期間中も清潔感を保つべく、こまめに髪の毛を整える為に我が家がとった手段は、おうちヘアカットです。

妻の私がヘアカットを担当しましたので、おうちヘアカットのメリットとポイントをお伝えします♬

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

おうちヘアカットのメリット

【 おうちヘアカットのメリット 】

  • こまめに整えることで、清潔感を保てる
  • 費用は0円

移行期間中は、黒髪と白髪の境目がくっきりして、本人としては気分が落ち着かないですよね。こまめにカットすることでせめて清潔に見えるようにと、我が家は理容室ではなく自宅でコンスタントにヘアカットすることにしました。

お家であれば、気になったらすぐにカットできますし、何度カットしてもかかる費用は0円です。

理容室や美容室ですと、2~3週間で色が落ちるヘアマニキュアで白髪を染めつつ、以前の白髪染めした部分が伸びるのを待つようです。

ロングヘアーは移行期間が長いので、さすがにヘアマニキュアが良いかもしれませんね。

 

ヘアカットのポイント

【 ヘアカットのポイント 】

  • もみあげ、耳まわり、襟足をすっきりと
  • 初期段階は、表面の髪を長めに残し白髪を隠す
  • 後期は白髪を削ぎ落すように

短髪の場合、もみあげ、耳まわり、襟足さえ短くカット出来ていれば、清潔に見えます。極論、あとはセットで何とでもなります。逆に言うと、全体を上手に切れても、もみあげ、耳まわり、襟足が伸びたままだとボサボサ感が残ります。

初期段階は、表面の髪を少しだけ長めに残し白髪を隠しました。ほんとに少しだけです。

移行期間後期になったら、毛束を細かく掴んで白髪を削ぎ落すように全体を短めに切っていきます。削ぎ落すように切ることで、黒と白のくっきりとした境目を作らず、グラデーションのような色合いになります。

我が家は現在この段階です。赤茶色の部分が以前の白髪染め箇所です。完全に移行できるまで、もうちょっとですね。

これで黒と白の境目を際立たせることなく、比較的はやめに黒髪から白髪へ移行できます。

 

スポンサーリンク

まとめ

移行期間限定のおうちカットの予定でしたが、セットがしやすい!と仕上がりを大いに気に入った様子のパパは、これからもおうちカットを希望しています。

「ここは短めに」「ここは長めに」

細かくオーダー出来るのも、身内だからこその利点ですね。

我が家は現在自宅保育中で経済的には一馬力ですから、節約にも繋がりますし、こちらとしても大助かりです。

何より、切る作業も楽しいし、切っている間のおしゃべりも楽しいです。

こんな時間も良いですね♬

2~3度カットしいているうちに、コツを掴み慣れてくると思います♬

最後までお読み頂き、ありがとうございました♪

メリットたくさん!パパが白髪染めをやめました
パパが、白髪染めをやめました。白髪染めをやめることにした理由と、メリットを紹介します♬

 

\ おうちカットを楽しもう♬ /

¥2,680 (2021/10/01 12:02時点 | Amazon調べ)
¥1,280 (2021/10/01 12:05時点 | Amazon調べ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました