幼児に入院&手術をどう伝え、理解させる?1歳半児に紙芝居を使って説明した方法を紹介

dav

先日、1歳半になる息子が大きな手術を受けました。

負担の大きい手術でしたので、子どもにとって試練の連続となることが予想されました。

医療は病院に任せるほかありませんが、精神的なケアは親の役目です。

1歳半ってまだまだ幼いように思えて、実のところ、既に色んなことを感じ考えているんですよね。

何も知らされていない状態のまま胸を切られては、身体のみならず、心に深い傷を負うことになるだろうと想像しました。

そして、事前に入院&手術を理解してもらうことが大切だと考え、子供の年齢に合わせて、我が家は紙芝居にして伝えることにしました。

オリジナルの紙芝居を作って、入院前から自宅で何度も読み聞かせをしました。

今回は、この紙芝居を紹介します。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

入院&手術の紙芝居

〇〇市の△△町に
“いっちゃん”という それはそれは可愛らしい男の子が
お父さんとお母さんと暮らしていました。

いっちゃんは少し体がしんどいです。
心臓の元気がないからです。
 

でも大丈夫!
ドクターXが、いっちゃんの心臓を
治してくれることになりました。
心臓の穴を、糸と針を使ってチクチク チクチク…
心臓の穴を塞いでくれました。
 

手術を終えたばかりのいっちゃんの体は
とってもとってもしんどいです。
でも、大勢の人がいっちゃんが元気になれるように
見守っています。
たくさんのお医者さん、看護師さん
キリンさんやコアラさん、お父さんお母さんが
いっちゃんが元気になれるように応援しています。

みんな、味方です。
 

頑張ったいっちゃんの心臓は
とても元気になりました。
いっちゃんもとても元気になりました。

そしていっちゃんは、お父さんとお母さんと
仲良く楽しく元気に暮らしました。

おしまい★

 

紙芝居の使い方

  • 4枚目はICUのベッド脇に
  • セリフは自由、術後も読み聞かせ

4枚目はICUのベッド脇に

息子は心臓手術を受けました。術後の様態が落ち着くまでの10日間、ICU(集中治療室)で治療を受けました。

ICUは付き添いが出来ません。更にコロナ感染症対策として面会は日に1時間と決められていました。

目を覚ました時、そこは見知らぬ場所で、いろんな機材に囲まれていて、親の姿は見当たらなくて、知らない人が沢山いて、体は痛くて動けなくて、体にはたくさんのコードが繋がれていて…

眠る薬でうとうとしているとはいえ、幼い子供にとってとても過酷な状況です。

ICUでは、紙芝居4枚目「元気になったいっちゃん」のイラストと家族写真を、ベッドから見える位置に貼ってもらいました。

目を覚ました時におぼろげながら、イラストを見て「うー」と反応していたと、看護師さんから教えてもらいました。

セリフは自由、術後も読み聞かせ

セリフは決まっていません。自由です。

手術後も状況を理解できるように、「心臓を治してくれることになりました」を「治してくれました」に言い換えて、何度も読み聞かせました。

 

紙芝居を使った(親の)感想

  • 理解できていたか、不明
  • 術後の精神的なダメージは避けられなかった
  • それでも大いに役立ってくれたと思う

理解できていたか、不明

入院と手術をすることを理解してもらいたいと、紙芝居にして伝えました。

でも、どの程度理解できていたかは、わかりません。

術後の精神的なダメージは避けられなかった

入院と手術について何度も伝えていましたが、それでも術後の精神状態はかなり不安定になり、術前と比べて本人の様子が色々と異なりました。

意識が戻ってからは警戒心がとても強くなり、人を睨む。硬い表情。長時間ぐずる。術前ごくごく飲めていた薬も頑なに拒否するようになりました。薬かもしれないと思うからか、水も一切飲まなくなってしまいました。

紙芝居の効果がなかったのか、紙芝居の効果があってあの状態だったのか、わかりません。

それでも大いに役立ってくれたと思う

でも、術前から紙芝居を使って何度も説明したことは、ファインプレーだったと思います。

なぜならば、彼の体は彼のものだからです。彼の体に、彼に無断でメスを入れてはいけないと思うからです。

理解できたかは不明ですが、何度も説明することは親の責任として必要だったと思います。

また、手術直後のICUで、意識が戻ってきた息子に対しても、繰り返し紙芝居を読み聞かせました。

ICUにいた期間は本人にとって、精神的にも肉体的にも一番つらい時期でした。

この期間に紙芝居の読み聞かせによって状況を説明できて「紙芝居を用意して良かった!」と思いました。彼に状況を理解してもらうために、最もわかりやすい方法だったと思えました。

 

まとめ

子供が手術を受ける場合…

  • 幼くても、術前術後の説明は必須
  • 年齢に合った説明の仕方を

幼くても、術前術後の説明は必須

入院&手術が必要になった場合、赤ちゃんでない限り、しっかり説明しましょう。

子供の体は子供のものです。

年齢に合った説明の仕方を

お子様が理解できる方法と言葉で、伝えてあげて下さい。

我が子は現在1歳半なので、単純な内容の紙芝居を作りました。

これが小学校低学年なら、同じくイラストでもう少し具体的に伝えたと思います。小学校高学年以降であれば、医者の説明を一緒に聞いて、さらに自宅でかみ砕いて説明したと思います。

100%理解することはなかなか難しいですが、何度も繰り返し伝えて、本人が手術を前向きに承諾することが大切だと思いました。

 

簡単ではありましたが、手術を控えたお子様とお父さんお母さんの参考になれば、幸いです♬

にほんブログ村のブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援して頂けると嬉しいです(^^♪いつも読んで下さってありがとうございます♬
スポンサーリンク
スポンサーリンク
育児idea
\ このページをシェアする /
wellness life blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました