スポンサーリンク
スポンサーリンク

北国で暮らす子持ちシンプリストが賃貸を探す際の条件【 シンプルライフ 】

北国で暮らす子持ちシンプリストが賃貸を探す際の条件
この記事は約5分で読めます。

少ない物ですっきりと暮らしたい。私は、視界に入ってくるものがすっきりと整っていると心地よさを感じる、シンプル好きのシンプリストです。

北国でもうすぐ1歳3か月になる子供を育てています。また、我が家は賃貸派で、家族の変化に合わせてこれからも賃貸物件を移り住んでいく考えです。

今回は、そんな我が家が物件を探す際の条件を並べてみたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

希望の条件

こちらが、我が家が賃貸物件を探す際に望むことです。

【 希望の条件 】

  1. 勤務地から近い
  2. エアコン
  3. 灯油)セントラルヒーティング
  4. 灯油ボイラー
  5. IHか都市ガス
  6. ロードヒーティング
  7. 1階
  8. 2LDK
  9. 内装がきれい
  10. キッチンからリビングが見える

希望が多いですよね。確かにこれらすべてを満たす物件には、我が家が希望する家賃帯ではまだ出会ったことがありません。理想の条件は沢山ありますが、実際に物件を見て妥協できるポイントを探っていくのが、我々の部屋探しのやり方です。

順に解説します♪

 

1. 勤務地から近い

北国で暮らす子持ちシンプリストが賃貸を探す際の条件

現在我が家は主人のみが勤めに出てくれていますので、主人の勤務地に近い場所が絶対条件です。

通勤にかかる時間が少くなれば、家族と過ごしたりリラックスできる時間が増え、家族との絆にも好循環が生まれると考えています。

 

2. エアコン

北国で暮らす子持ちシンプリストが賃貸を探す際の条件

私たちは北国に住んでいます。そんな我々が住む地域も、夏はエアコンなしでは厳しくなりました。ですが、エアコンがついていない物件も多く存在します。

我が家には小さい子供がおり、温度調節がまだ上手でありませんから、今の我が家にとってエアコンは必須の設備です。

 

3. (灯油)セントラルヒーティング

北国で暮らす子持ちシンプリストが賃貸を探す際の条件

セントラルヒーティングとは、寒冷地で使われるパネルヒーターのことです。部屋全体を24時間ムラなく温めてくれて、とても快適で過ごしやすいのが特徴です。パネルは触っても火傷の心配がありません。

電気/ガス/灯油で運転するタイプがあり、灯油が最も経済的です。

賃貸でセントラルヒーティングを設置している物件は少なく、石油ストーブが1つ設置されているのみの物件が大多数です。

 

4. 灯油ボイラー

北国で暮らす子持ちシンプリストが賃貸を探す際の条件

湯沸かしにどのエネルギーを使うか。これも電気/ガス/灯油とある中で、灯油が最も経済的です。ですが、灯油ボイラーを設置している賃貸物件はとても少なく、ガス給湯器であることがほとんどです。

灯油ボイラーはガス給湯器に比べ、ランニングコストは安いですが設置費用が高額です。灯油ボイラーを取り付けている大家さんは、「経済的余裕と経営手腕があるなぁ」と感じます。イニシャルコストはかかりますが、部屋は満室になりますし、住人は気に入って長く住むからです。

電気は、東日本大震災以降原発を止めたことで料金設定が値上がりました。また、電気を作り出すために石油を必要としますから、電気は石油高騰の影響も受けます。

 

5. IHか都市ガス

北国で暮らす子持ちシンプリストが賃貸を探す際の条件

調理コンロはIHかガスの2択ですが、IHの方が火を使わないぶん安全性が高いので好みです。

ガスは都市ガスとLPガスの2種類ありますが、賃貸ではほぼLPガスが使われていますね。都市ガスエリアか否かの問題もありますが、設置が簡単で安価なので大家さんがLPガスを好むのでしょう。

但し、LPガス料金はガス会社の自由設定です。大家さんの負担が軽い分、その負担は賃借人に「ガス料金」という形でかかってきます。過去の経験から、我が家はLPガスを敬遠しています。

賃貸マンション・アパートでも可能!プロパンガス料金の値下げ交渉方法(手順・ポイント)を解説!
我が家は賃貸集合住宅でプロパンガス。適正価格を大きく上回っていたのでガス会社と交渉をしたところ、基本料金・従量単価ともに適正価格まで値下げしてもらうことができました。値下げ交渉の手順とポイントを解説します!

 

6. ロードヒーティング

北国で暮らす子持ちシンプリストが賃貸を探す際の条件

雪国では冬季、除雪に多くの時間と労力を奪われます。賃貸物件でも自分たちが使用する駐車場まわりの除雪が発生します。大雪が降った後は除雪に1時間近くかかることも。

ロードヒーティングですと、車に積もった雪を掃うだけで済み、厳しい冬を楽に乗り切ることが出来ます

但し、ロードヒーティングを設置している物件がそもそも少ないですし、設置されている場合は当然ロードヒーティング代が発生します。多くの場合、冬季(12~3月)の賃料に定額で上乗せされます。

  

7. 1階

北国で暮らす子持ちシンプリストが賃貸を探す際の条件

1階は一般的には不人気ですが、我が家は1階を好みます

引っ越しが楽ですし、引っ越し業者を利用する際の費用も抑えられます。日々の出入りも楽々です。忘れ物を取りに行くのもすぐです。買い出した食料品を運ぶのも少ない労力で済み、なにかとメリットが大きいと思っています。

また、小さい子供がいますが、万が一窓から転落しても1階であれば命に関わることにはならないでしょう。

 

8. 2LDK

北国で暮らす子持ちシンプリストが賃貸を探す際の条件

リビング/寝室/仕事部屋 の3部屋を使い分けるために、一部屋一部屋は小さくても間取りは2LDKが使い勝手が良いと感じています。

でも、人はスペースの分だけモノを持ちたがる生き物ですから、1LDKでも住んでしまえば工夫次第できっと快適に過ごせるんだろうなとも想像します。

ですので、1LDKで良い物件があれば、これは妥協できるポイントです。

 

9. 内装がきれい

北国で暮らす子持ちシンプリストが賃貸を探す際の条件

単純にきれいだと嬉しいですよね。それに、「きれいにしている=手抜きをしない業者を使っている」と見ることが出来ます。

このような大家さんであれば、設備に不具合が生じた場合の対応もスムーズです。快適な暮らしの為に、大家さんの経営状態や経営姿勢は非常に重要だと考えています。

 

10. キッチンからリビングが見える

北国で暮らす子持ちシンプリストが賃貸を探す際の条件

子供の様子を伺いながら家事をこなせるので安心という意味もありますが、私自身が部屋を見渡しながら調理できた方が単純に楽しいです。

キッチンが独立していると、リビングにいる家族とおしゃべりしながら料理することがきっと難しいですよね。対面キッチンである必要はありません。「楽しく料理できるキッチン」であればなんでもいいんですが、その条件は「リビングが見える」ことなのかなと思っています。

 

スポンサーリンク

まとめ

沢山の希望を並べましたが、我が家が希望する家賃は6万円代であり、すべての条件を満たす物件は、まずありません(笑) 物件を見ながら、妥協できるポイントを探ります

【 妥協できる条件 】は、ロードヒーティング/2LDK【 妥協できない条件 】は、エアコン/セントラルヒーティング/内装がきれい/キッチンからリビングが見える、あたりでしょうか。他の項目は、物件によるという感じです。

我が家は賃貸派で、今後も家族の状況に合わせて賃貸を移り住んでいく予定ですので、上手に暮らせるように今後も知恵をつけていきたいと思います。

北国で暮らす子持ちシンプリストが賃貸を探す際の条件

最後までお読みいただき、ありがとうございました♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました