スポンサーリンク
スポンサーリンク

【おすすめ】インテリアにマッチするシンプルでおしゃれな大判ジョイントマット/エムール “暮らしに馴染むジョイントマット”

インテリアにマッチするシンプルでおしゃれな大判ジョイントマット/エムール “暮らしに馴染むジョイントマット” 子育て

我が子は持病の為、生まれてから6カ月間ずっと病院で暮らしていました。

その間に寝返りも出来るようになりましたが、寝返りの練習はずっとベッドの上でした。

退院が決まって息子を家に迎い入れるにあたり、私たちが一番に用意したものは、思う存分体を動かせるようにとの願いを込めたジョイントマットでした。

インテリアにマッチするシンプルでおしゃれな大判ジョイントマット/エムール “暮らしに馴染むジョイントマット”

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

選んだジョイントマット

我が家のジョイントマットはこちらです。

エムール 暮らしに馴染むジョイントマット 大判(60cm ×60㎝) × 16枚(3畳)

その中でも、我々はアイボリープレーンを選びました。

インテリアにマッチするシンプルでおしゃれな大判ジョイントマット/エムール “暮らしに馴染むジョイントマット”
楽天市場 商品ページより

どうですか? 素敵ですよね♪♪

次の段で、このエムールのジョイントマット、中でもアイボリープレーンを選んだ理由について解説します。

 

選んだポイント

・落ち着きのあるデザイン

・大判

・サイドパーツあり

・3畳分の大きさ

・厚さ1㎝

・価格

 

落ち着きのあるデザイン

ジョイントマットといえば、2色のマットを交互に組み合わせたパッチワークのようなデザインをイメージします。

紹介するエムールのジョイントマットにもミックスカラー展開があります。

ジョイントマットは赤ちゃんへのプレゼントですが、リビングは我々親も過ごすスペースです。

個人的な好みで、シンプルで落ち着きのある配色・デザインのジョイントマットを希望していました。

例え単色でも、真っ白だと部屋から浮いてしまって、逆に落ち着かないだろうと思っていました。

アイボリープレーンは、真っ白ではなく温かみのあるオフホワイトのような色味で、明るいけれど部屋によく馴染んでくれます。

インテリアにマッチするシンプルでおしゃれな大判ジョイントマット/エムール “暮らしに馴染むジョイントマット”
ミックスカラー イメージ

インテリアにマッチするシンプルでおしゃれな大判ジョイントマット/エムール “暮らしに馴染むジョイントマット”
ホワイト イメージ
インテリアにマッチするシンプルでおしゃれな大判ジョイントマット/エムール “暮らしに馴染むジョイントマット”
アイボリープレーン

 

大判

ジョイントマットのサイズは30cm x 30cmが一般的で、大判(ラージサイズ)のものだと45cmや50cm、60cmなどもあります。

どのくらいのスペースにマットを敷くかによりますが、広く敷きたい場合は断然大判がおすすめです。

大判ですと、マットの組立てや掃除の際のマットの上げ下ろしが格段に楽になりますし、接続部が少ないので見た目もすっきりとします。

エムール ジョイントマットは、60㎝×60㎝です。

畳3畳のスペースに敷く場合、16枚です。

30㎝×30㎝のマットで畳3畳分敷く場合、64枚のマットを組み合わせることになります。

インテリアにマッチするシンプルでおしゃれな大判ジョイントマット/エムール “暮らしに馴染むジョイントマット”
64枚(8枚×8枚)イメージ
インテリアにマッチするシンプルでおしゃれな大判ジョイントマット/エムール “暮らしに馴染むジョイントマット”
16枚(4枚×4枚)イメージ

 

サイドパーツあり

落ち着きのある色味で大判だとしても、縁がギザギザしていては、すっきりシンプルに見えません。

リビングは長く過ごすスペースです。

視界に入ってくるもので、気分は上りもすれば下がりもします。

ジョイントマットを購入する際は、ぜひサイドパーツがセットになっているものを選んで下さい。

エムール ジョイントマットは、1枚のマットに対し、①角用 と ②辺用 の2本のサイドパーツがセットとなっています。

四角形であれば、4枚×4枚の正方形に敷き詰めても良いし、15枚使用して3枚×5枚に配置しても端のギザギザをカバー出来ます。

インテリアにマッチするシンプルでおしゃれな大判ジョイントマット/エムール “暮らしに馴染むジョイントマット”
サイドパーツなし
インテリアにマッチするシンプルでおしゃれな大判ジョイントマット/エムール “暮らしに馴染むジョイントマット”
サイドパーツあり

ただし、サイドパーツは以下のような形状です。

インテリアにマッチするシンプルでおしゃれな大判ジョイントマット/エムール “暮らしに馴染むジョイントマット”
角用(上)と辺用(下)

角用のサイドパーツの左側が、マットの角部分になります。

四角形以外の、例えばL字に敷き詰めたい場合には対応していませんので、注意が必要です。

 

3畳分の大きさ

我が家は、“ハイハイの練習をしだす頃に十分な広さ” を目安として希望していました。

我が家は16枚全て使用して4枚×4枚に敷き詰めています。

長さにすると231㎝×231㎝で、かなり広々としています。

例えば、お部屋の大きさや形、またはお子様の成長段階に合わせて、4枚×3枚で敷き詰めたとしても231㎝×171㎝です。

12枚でも、“ハイハイの練習をしだす頃に十分な広さ” と言えますね。

インテリアにマッチするシンプルでおしゃれな大判ジョイントマット/エムール “暮らしに馴染むジョイントマット”
16枚使用(4枚×4枚)

 

厚さ1㎝

ジョイントマットを敷く最大の目的は、小さいお子様のケガ防止ではないでしょうか?

ジョイントマットの厚さは0.8cm~1.5cmの厚みが一般的ですが、2cm以上の厚みがあるジョイントマットも販売されています。

より安全性が高いものをと2㎝も一旦は検討しましたが、歩き出した際にマットの段差につまづく可能性を考えて、我が家は1㎝で十分だろうという結論に至りました。

 

価格

高いデザイン性のジョイントマットですが、価格は1畳あたり@1,330円です。

低価格が売りの西松屋のジョイントマットが1畳あたり@1,090円ですので、エムールのジョイントマットもかなりリーズナブルと言えると思います。

 

このような理由から、我が家はエムールの“暮らしに馴染むジョイントマット”を選びました。

次に、実際に使ってみての感想をお伝えします♪♪

 

感想(GOOD)

GOOD
GOOD

・クッション性と弾力性が高い

・歩きやすい

・部屋が明るくなった

・衛生的

・ゴミが目立つ

写真映えする

 

クッション性と弾力性が高い

伝わりやすいように、片足に体重をかけて立ってみました。

歩くくらいでは何も変化しませんが、時間をかけ意識して体重をかけるとマットが凹み、クッション性の高さがわかります。

そして、足跡はゆっくりと1分程かけて完全に消えました。

厚さ1㎝ですが、安心できる弾力性です。

画面を明るくして見て下さい。

インテリアにマッチするシンプルでおしゃれな大判ジョイントマット/エムール “暮らしに馴染むジョイントマット”
足形の凹み
インテリアにマッチするシンプルでおしゃれな大判ジョイントマット/エムール “暮らしに馴染むジョイントマット”
足形 1分後

凹みが見えづらいかと思い、椅子を置いて上から全体重をかけてみました。

しっかり跡がついてしまい、シマッタ‼ これは消えないかも (涙)!? と思いましたが、翌朝確認すると探さないとほとんど分からないまでに跡は消えました。

インテリアにマッチするシンプルでおしゃれな大判ジョイントマット/エムール “暮らしに馴染むジョイントマット”
椅子の上から全体重をのせた

インテリアにマッチするシンプルでおしゃれな大判ジョイントマット/エムール “暮らしに馴染むジョイントマット”
椅子脚跡がくっきり
インテリアにマッチするシンプルでおしゃれな大判ジョイントマット/エムール “暮らしに馴染むジョイントマット”
翌朝 ほとんど分からないまでに

 

歩きやすい

クッション性と弾力性だけを求めると、柔らかければ良いということになりますが、マットは小さな赤ちゃんにとってはハイハイしたり歩く練習をするスペースです。

ふわふわしていては歩けません。

エムール ジョイントマットは “クッション性のある床” です。

大人でも意識して体重をかけなければ沈み込むことはありませんので、歩きやすい、転んでもさほど痛くない、歩く練習にぴったりだと思います。

 

部屋が明るくなった

選んだカラーによって、お部屋が明るくなりました。

インテリアにマッチするシンプルでおしゃれな大判ジョイントマット/エムール “暮らしに馴染むジョイントマット”

 

衛生的

例えば起毛しているジョイントマットやカーペットですと、毛足にほこりや髪の毛などが絡まります。

小さな子供ですと、食べ物や飲み物などたくさんこぼしますよね。

我が家は毎朝1分程かけてコードレスのスティック型掃除機でさささっと掃除しています。

とても衛生的で清々しく過ごせています。

 

ゴミが目立つ

アイボリープレーンを選んだ我が家のマットは、髪の毛やほこりなどがよく目立ちます。

「え?それってGoodポイント??」

はい、Goodポイントです。

気づいてすぐに拾えるので、清潔を保てます。

 

写真映えする

毎日、子供の成長を記録すると思います。

アイボリープレーンのジョイントマット上で写真を撮ると、どの写真もスタジオで撮ったかのようです。

お子様も大きくなって自分の写真を振り返った時に、喜んでくれると思いますよ♪

インテリアにマッチするシンプルでおしゃれな大判ジョイントマット/エムール “暮らしに馴染むジョイントマット”
インテリアにマッチするシンプルでおしゃれな大判ジョイントマット/エムール “暮らしに馴染むジョイントマット”
インテリアにマッチするシンプルでおしゃれな大判ジョイントマット/エムール “暮らしに馴染むジョイントマット”

 

感想(NO GOOD)

NO GOOD
NO GOOD

・滑る

■滑る

気になったのが、購入してすぐの頃、マットが滑るなぁということでした。

そのため我が家は、息子が寝返りの練習をする際、ジョイントマットの上に滑り止め代わりのヨガマットを敷いていました。

この記事を書くにあたり、改めて楽天市場の商品ページを覗いてみると、このような注意書きがありました。

インテリアにマッチするシンプルでおしゃれな大判ジョイントマット/エムール “暮らしに馴染むジョイントマット”
楽天市場 商品ページより

原因は製品製造の際に使用するオイル、人体には無害で、拭き掃除により拭き取り可能だそうです。

我が家は掃除の為に毎日水拭きをしています。今はもう滑りは気になっていません。

 

まとめ

我が家はエムールの「暮らしに馴染むジョイントマット」を選択し、そして大変満足しています。

大大大大!!! 大正解でした★★★

皆さまのジョイントマット選びの参考になれば、幸いです♪♪

インテリアにマッチするシンプルでおしゃれな大判ジョイントマット/エムール “暮らしに馴染むジョイントマット”

 

\ 我が家の子育て必需品☆ /

 

\ ブログ内で紹介している商品を   

   楽天ROOMにも掲載しているよ♪♪ /

わたしのROOM

コメント

タイトルとURLをコピーしました