スポンサーリンク
スポンサーリンク

自宅で簡単☆とってもおすすめ!郵送検査キットセンター ピロリ菌検査キットの検査の流れとメリット

ピロリ菌検査
この記事は約5分で読めます。

胃がんの90%以上は、感染したピロリ菌による長年の萎縮性胃炎が原因と言われています。

ピロリ菌感染の有無を調べ、感染者は除菌処置を行うことで、胃がんのリスクを大幅に低減させることが出来ます。

このピロリ菌検査、病院に行かずに低価格で自宅で簡単に出来るってご存知ですか??

今回は、ピロリ菌検査キットを購入し、自宅で簡単☆ピロリ菌検査を行ったので、レビューを紹介します♪

ぜひメリットを知って、検査してみて下さい♪

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

胃がんとの関係性

別記事でわかりやすく解説していますので、こちらをご覧ください。

なぜピロリ菌検査が必要なの?胃がんとの関係性を簡単解説
過去統計によると、胃がん患者の99%がピロリ菌感染者だったそうです。ピロリ菌感染の有無を調べ、感染者は除菌処置を行うことで胃がんのリスクを大幅に低減させることが出来ます。ピロリ菌検査は生涯で1度で良いとされています。

 

ピロリ菌検査 種類

ピロリ菌の検査は種類があります。以下にいくつか紹介します。

1. 尿素呼気試験
13C-尿素を含んだ検査薬を飲む前後に容器に息を吹き込んで呼気を調べる検査です。
ピロリ菌の産生するウレアーゼが胃内の尿素を二酸化炭素とアンモニアに分解することを利用し、呼気中の13C-二酸化炭素の増加を測定する方法です。
体への負担がなく、かつ精度も高い検査法です。

2. 便中ピロリ菌抗原検査
便中H. pylori抗原の有無を判定します。
体への負担が全くなく本菌の存在を判定できます。

3. 内視鏡検査
内視鏡の際の胃粘膜の所見より判定します。
発赤、白色粘 液の付着、ひだの肥厚という所見があるとピロリ菌感染を疑います。

尿素呼気試験が1番精度の高く、ピロリ菌の診断に最適です。

2番目は便中ピロリ菌抗原検査です。

上記2つは体への負担もありません。

それぞれの特性を考慮し、状況により検査を組み合わせ診断します。

 

この情報を得て、近所の複数の病院に問い合わせたところ、

  1. まず、内視鏡検査
  2. 胃カメラで見て発赤、白色粘 液の付着、ひだの肥厚という所見がある場合、尿素呼気試験(確定検査)に進む
  3. 尿素呼気検査で陽性の場合、除菌をする
     

という病院がほとんどでした。身体に負担がなく、精度の高い尿素呼気検査だけを受けたいところですが、「それは出来ない」というのです。

いったいなぜ??

病院は、胃痛などの「既に症状がある方に対する検査」を前提としているのですね。

既に症状がある場合、ピロリ菌感染の他に既にがん細胞が発生している可能性を疑う必要があるので、まずは胃カメラで検査。その際がんが見つかればそのままがんの治療へ進むことを想定しいているそうです。

 

ピロリ菌検査キット

でも、特に症状が出ていない人が、ピロリ菌の感染有無を調べる為だけに胃カメラを飲むのはとってもハードルが高い!料金も時間もかかる!!
ヾ(;´Д`●)ノぁゎゎ

そこで、自宅で低価格&短時間で簡単にピロリ菌検査を出来るのが、郵送検査キットセンターの「ピロリ菌検査キット」です。

 

検査の流れ & Goodポイント

【 検査は簡単☆4Step ♪ 】

Step1 ピロリ菌検査キット購入 
Step2 自宅で便を採取     
Step3 検体を返送
       
Step4 結果をメールで確認   
  

Good
Good
  • 低価格
  • 短時間(予約・待ち時間 当然なし)
  • 身体への負担がない
    呼気検査の次に高い精度
  • 返送→結果通知まで1週間ほど
  • 結果は、陰性 or 陽性 で分かりやすい

Step1 ピロリ菌検査キット購入

検査キットは、楽天市場でネット購入しました。

平日の正午までは即日、以降は翌営業日に発送(土曜・日曜・祝日は休業)されるので、注文から数日で自宅に届きます。

 

Step2 自宅で便を採取

検査キットの中には、便の採取容器、検査の申込書、返信用の封筒、便を受け止めるためのフラッシュシートが入っています。

採取容器とフラシュシートを、いつでも採便できるようにトイレに準備しておきましょう。

 

Step3 検体を返送

採取容器には保存液が入っていて、返送から検査まで数日かかっても、検査結果に影響が出ないようになっています。

とはいえ、採便後は速やかに(できれば当日中)に返送するようにしましょう♪

 

結果

検査は、検体返送後1週間ほどでEメールにて送られてきます。

結果を、「陰性」または「陽性」と教えてくれるので、とてもわかりやすいです。

陽性の場合は、Eメールのほかに封書でも通知が送られてくるそうです。結果の見逃しがなく、安心ですね。

ピロリ菌検査で陽性と判定されたら、焦らず、医療機関でピロリ菌除菌を行いましょう。

 

まとめ

我が家は、検体返送から1週間たたずに、結果を受け取ることが出来ました。キット購入から結果が出るまで、約2週間といったところです。

手間や時間がかからず気軽に検査できて、さらに安心を得られたので、大変良いお買い物でした。

【 ピロリ菌検査をする理由 】

  • ピロリ菌に感染していると、胃がんのリスクが高くなる
  • ピロリ菌は幼少期に感染する
  • 大人なってから感染することはないので、検査は生涯に1度でOK
  • 早めに除菌すると効果が高い
     

【 検査キットを使用するメリット 】

  • 低価格
  • 短時間
  • 身体への負担がない
  • 高い精度

検査したことがない方はぜひ検査して欲しいと思います。

最後までお読み頂き、ありがとうございました♪

 

\ がんだって自宅で検査できる♪♪ /

にほんブログ村のブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援して頂けると嬉しいです(^^♪いつも読んで下さってありがとうございます♬
スポンサーリンク
スポンサーリンク
健康を守る
\ このページをシェアする /
wellness life blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました