スポンサーリンク
スポンサーリンク

部屋の雰囲気をがらりと変える「ファブリック」

部屋の雰囲気をがらりと変える「ファブリック」
この記事は約3分で読めます。

少ないものですっきりと暮らしたい。私は、視界に入ってくるものがすっきり整っていると心地よさを感じるシンプル好きのシンプリストです。

部屋の雰囲気に飽きることってありますよね。

でも、なんとなく雰囲気を変えたいなぁと思っても、家具を買い替えるのはハードルが高い。

そんな時に注目してもらいたいのが、部屋の中にある「布地」です。

今回は、比較的簡単にがらりと部屋の雰囲気を変えられる方法を紹介します♬

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「ファブリック」で部屋の雰囲気を変える

部屋の雰囲気を一新したくても、壁紙を貼り替えたり家具を買い替えるのはハードルが高いですよね。

部屋の雰囲気を変えたい場合、比較的簡単で効果が絶大なのは「ファブリック」を変える方法です。

部屋の中でファブリックといえば、ソファーカバー、カーテン、ラグなどですね。

つまり、面積の大きい布製のアイテムの色や素材を変えて、部屋の雰囲気を変えましょうというわけです。

実際に見てみましょう。

 

ソファーにカバーを掛ける

ソファーは家の中でもトップクラスに大きな家具なので、部屋に占める割合も高いですね。

ソファーが部屋の雰囲気を決定づけるといっても過言ではありません。

ですので、このソファーの雰囲気を一新すれば、部屋の雰囲気もがらりと変えることが出来ます。

でも、ソファーは決して安い買い物ではありませんし、入れ替えに手間もかかりますから、簡単に買い替えできませんよね。

そんな時はぜひ、ソファーカバーを利用してソファーの表情を変えてみて下さい。

実際に我が家のソファーはオフホワイトなんですが、その時の気分に合わせてソファーカバーを定期的に変えています。

以前は明るくすっきりとシンプルな印象にしたかったので、真っ白なカバーを掛けていました。

今は、子供が小さいので汚れが目立たないようにダークグレーにしています。

ずっとずっと以前には、朱色やブラックに挑戦したこともありました。

いかがでしょうか?

ソファーの色によって、お部屋の印象って変わりますよね。

ストレッチ性が高くソファーにフィットするソファーカバーを使えば、ソファーのシルエットを活かしつつ、ソファーを買い替えるよりずっと安価にお部屋の雰囲気を変えられます。

¥2,580 (2021/10/15 18:08時点 | Amazon調べ)

また、さらりと掛けるだけのマルチカバーであれば、ベッドに掛けたりソファーに掛けたり、用途を選びませんね。

 

カーテンやラグを変える

カーテンやラグも、面積が大きく部屋の印象を左右するインパクトがあります。

他の家具と色味を合わせれば部屋に統一感を持たせることが出来ますし、それがダークな色味であればクールな印象のお部屋を作ることが出来ます。

コンパクトなお部屋に住んでいる方は、カーテンの色味を薄くするとお部屋を広く見せることが可能です。

かくいう我が家も、もともとの統一感のなさとコンパクトな家に引っ越したことが理由で、カーテンを部屋のメインカラーと同一色のものに変えました。

正確には、他の部屋のカーテンと入れ替えただけなのですが、カーテンの主張が抑えられ、部屋の圧迫感が薄らぎ、落ち着きのある部屋になりました。

ラグも同様に、面積に比例して部屋の雰囲気を印象づけるインパクトが大きくなります。

 

スポンサーリンク

まとめ

ソファーやカーテン、ラグには、その面積により部屋の印象をがらりと変えるインパクトがあります。

ですのでファブリックを変えれば、ソファーやテーブル、棚を買い替えるより手軽に、部屋の雰囲気を変身させることが出来ます。

お部屋の雰囲気を一新したい方は、ぜひ試してみて下さいね♬

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました♬

 

\ 我が家が敷いているのはジョイントマット /

コメント

タイトルとURLをコピーしました