スポンサーリンク
スポンサーリンク

布団生活のメリットと理想の布団を考察

布団生活のメリットと理想の布団を考察
この記事は約3分で読めます。

少ない物ですっきりと暮らしたい。私は、視界に入ってくるものがすっきりと整っていると心地よさを感じる、シンプル好きのシンプリストです。

そして、そんな我が家はベッドではなく布団派です。でも、その布団に不満がありまして…。

今回は、布団生活のメリットと不満点を挙げながら、理想の布団を考えてみたいと思います。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

メリット

まず、私が考える布団生活のメリットはこちらです。

【 布団生活のメリット 】

  • 部屋を広々と使える
  • 部屋の掃除が楽
  • 落ちない
  • 天日干し出来る
  • 引っ越しが楽&費用を抑えられる

布団だと、起床後畳んでおくことで、部屋を広く使うことが出来ます。日中はほとんど使わない寝具に、部屋を占領されては空間が勿体ないですよね。布団生活であれば、コンパクトな家でも十分に広々と暮らすことが出来ます

布団生活のメリットと理想の布団を考察

そして、布団を畳めば床があらわになりますから、お部屋の掃除が楽ちんです。ベッドの下に手を伸ばしたり、大きなベッドを動かしたりする必要がありません。

布団生活のメリットと理想の布団を考察

ベッドから落下したことってありますか? 私は1度あります。頻繁に落ちる方は少ないと思いますが、布団であればこの可能性をゼロにできます。

布団生活のメリットと理想の布団を考察

それに、天気が良い日に天日干しすれば、ふかふかの布団で眠れます。寝汗は敷布団に多く染み込みます。お日様にあてて乾かすことで、カビやダニの繁殖を抑えることが出来ます。

布団生活のメリットと理想の布団を考察

また、布団ですと引っ越しの際の搬出/搬入が簡単です。近場の引っ越しならば、自家用車で運ぶことが出来ます。業者に依頼せずに自分で運ぶことで、引っ越し費用も抑えられます

布団生活のメリットと理想の布団を考察

こんな理由から、シンプリストで賃貸派の我が家は布団生活を良しとしています。

ですが、その一方で使用している布団に不満な点もあります。

 

スポンサーリンク

不満点

我が家の布団に対する、私の不満点がこちらです。

【 布団生活のデメリット 】

  • 敷布団1枚では床の硬さを感じる
  • 毎日の上げ下ろしが面倒
  • 柄だらけ
  • 押入れが必要

まず、敷くのが敷布団1枚だと、フローリングの硬さが伝わってきます。この為、我が家は敷布団の下にマットレスを敷いて2重にしています。

布団生活のメリットと理想の布団を考察

冬の寒い時期は、マットレス/敷布団/タオルケット/毛布/掛ふとんを使用しています。これが2組です。正直、毎日の布団の上げ下ろしに時間がとられます

布団生活のメリットと理想の布団を考察

何よりも、我が家の布団は柄だらけです。敷布団もシーツもタオルケットも毛布も掛布団も柄物です。シンプルなデザインが好きな私にとって「ALL柄」は心が休まりません。その苦手な柄モノに全身包まれて寝ています(´;ω;`)ウゥゥ

布団生活のメリットと理想の布団を考察

そして、我が家には押入れがなく、畳んだ布団を収納しておけません。ですので、日中は部屋の隅に布団を積み上げています。日中もALL花柄の布団が視界に入ってきます。マットレスがある分、高さもあります。

収納スペースに仕舞うのが難しいならば、せめて無地の布団にしたいです。

布団生活のメリットと理想の布団を考察

 

スポンサーリンク

理想の布団

布団生活のメリットと理想の布団を考察

布団は体を包み休息をとる場所であり、リラックスできる環境でなければなりません。快適に布団生活を送れるように、不満を解消してくれる布団が欲しいと思っています。

我が家にとっての布団の理想はこちらです。

  • 床の硬さを感じない厚みのある敷布団
  • 季節によって暖かさを調整できる掛布団
  • 無地
  • 落ち着いた色味

2組揃えたいですから、高い布団は買えません。それに、一度買ったら暫く使いますので、買い物には普段以上に慎重になります。

全身を包むものですから、気に入ったものを時間をかけて見つけたいと思います。寝心地と使い勝手と視界心地とコスパが良い布団… そんなのあるでしょうか(笑)??

快適ライフのために、探します(^^♪ 見つけたら、また報告します(^^♪

布団生活のメリットと理想の布団を考察

最後までお読みいただき、ありがとうございました♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました